うさまみれな日々

2匹のうさ達(つくね♀&わたあめ♂)と小学生の2人の子供達との生活。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

つくね&わたあめCM(8) TB(0)

随分久々の日記更新になってしまいました。

実はちょっといろいろありまして、何をどう書いていいものやら気持ちの整理が出来ないでいました。



まず、みなさんに心配していただいていたつくねの足の事。

刈り上げられていた毛もすっかり生え揃い、元通り跳ね回る事が出来るようになりました。
もう痛みも無いようで、何事も無かったかのように元気に過ごしております。

ただ、何度か安静にしているべき期間に脱走してしまい、かなり興奮して激しく逃げ回ってしまった為、足に入ってるプレートが「く」の字型に変形してしまいました。
そのせいで足も「く」の字型になって固まってしまった感じです。

再手術についても提案されたんですが、よく見なければわからない程度で本人(本うさ?)は別段不便を感じていなさそうな様子なので…可哀想だとは思うんですが、このまま様子を見てみる事にしました。

今後、歳を重ね何らかの問題が起こってくるようなら、その時はその時で再度手術を検討するかも…うーん貯金しておかないとだなー。



さて、こちらの方が本題になるんですが、実はもう1つ重大ニュースがあります…。





実は、つくねが妊娠してしまいました。


無責任に繁殖を行う事は多頭飼いをする上で、一番よくない事だと思っています。
もちろん俺自身も繁殖をさせるつもりは全くありませんでした。

母体へのリスクも大きいですし、また、病気の子が生まれた時の覚悟・育児放棄した時の保育が出来るのか?
よしんば全ての仔うさぎが元気に育ったとして、うさぎは一度にたくさんの子供を産む生き物です。
その全ての仔達に同じだけ愛情を注ぎ、最期まできちんと世話をしてあげることが出来るのか?

…等々、色々考えたらやはり繁殖は絶対に軽い気持ちで行うべき事ではないと思うからです。



つくねとわたあめについても、それぞれ避妊&去勢手術を行う予定でいました。
骨折するという事故がなければ、既につくねは避妊手術を行っていた筈でした。
わたあめについては、まだ現在4ヶ月なので7ヶ月になる冬頃に手術をするつもりでした。


2匹がまだ小さい頃は一緒に出して遊ばせてやるという事もやっていましたが、つくねが4ヶ月、わたあめ2ヶ月の頃からそれぞれ性成熟の兆候が見られたので、それ以降は絶対に直接接触が出来ないように2匹を別けていました。

けれど、1つ前の日記の動画にもあるように、わたあめはつくねの事がものすごく好きで好きでしょうがないんですよ。
別に発情している時じゃなくても、ケージから出してやるといつもつくねの側に行って、ケージ越しにそっと寄り添ってくつろいでいるような状態です。


ここ最近は、日中暑い時間帯は2匹ともケージに入れてクーラーの効いた室内に置いていたんですが、朝と夕方の涼しい時間帯だけそれぞれ別の部屋のベランダに出して遊ばせるようにしていました。


…が、その為に事故が起こってしまいました。

8月12日。
わたあめがつくねの元に行きたいばっかりに、自力で網戸のサッシを開けるという大技をやってのけてしまいました。

その時、家族全員ちょうど階下で夕飯を食べていた為、一時間ほど空白の時間があったんです。

脱走

きちんとその場を見てやっていれば、最初のサッシを開けてわたあめが家の中に侵入して来た際に食い止める事が出来たと思うのですが、誰も見ていなかった為、わたあめはまず第一の網戸を開け室内に侵入し、部屋と階段の脇を通り抜け、愛するつくねがいる別の部屋のベランダの網戸を開け、とうとう合流してしまったのでした。


最初はうっかりミスで自分達が網戸を閉め忘れたのかとも思いましたが、その後、わたあめが歯と前足を引っ掛けて器用に網戸を開ける姿を見て、ようやく何が起こったのかわかりました。

…正直、うさぎにそんな器用な事が出来るようになるとは思っていなかったのですごくショックでした。


実際に交尾している様子を見た訳ではないので確信は持てなかったんですが、その日を境に明らかにつくねの様子が変わってしまったので、これはやられたな…と思っていました。
実際に妊娠しているのか偽妊娠なのかは最近になるまでわからなかったんですが、昨日エコーとレントゲンを撮ってもらい、確実に妊娠している事が判明しました。


…先に書いた通り、うさぎの繁殖というのは非常に繊細で微妙な問題です。
何はどうあれ、結果的に起こってしまった事に対して責任があるのは、やはり飼い主だと思います。

今までにも無責任な繁殖をして、簡単な気持ちで「子ウサギあげます」と書き込みをしている人をたくさん見ましたし、それに対して多くの他のうさ飼いさん達と同じように自分自身も非常に憤りを感じてました。


けれど、結果的には自分が同じ立場に立つ事になってしまい、いろんな事を考えていたら、ブログにもMIXIにも迂闊な事が書けなくなってしまいました。




今も内心すごく複雑です。

けれど、一生懸命巣作りをしているつくねの姿を見ていると全力でサポートしてやりたいと思うし、お腹の子供達が無事に産まれて来てくれる事を祈っています。




スポンサーサイト

トイレタイムが…

つくね&わたあめCM(10) TB(0)

この前、たまたまトイレ(大)に入ろうとしたら、ちょうど部屋んぽ中だったつくねが中まで付いて来てしまったので、しょうがないから用が済むまでの間、膝の上に乗っけて頭を撫でてやった。


なでて


そしたらそれ以来すっかり味をしめたらしく、俺がトイレに入ろうとする度に付いて来て↑こんな状態に…。

さすがに、そんな毎回毎回大きい方ばっかり出ませんよww



そうそう。
この間からつくねが食欲減退気味だって書いてたんですが、今日はわたあめの方もあまりペレットを食べてなかった。

おかしいな?と思って、実際にちょっと齧ってみたら見事に湿気てしまってた。

保存して置いた密閉容器の中身も全滅…。
乾燥剤もちゃんと入れておいたんだけどなー。こないだ買ったばっかりなのにもったいない。

もう一回乾燥させたら食べてくれないかねぇ?

牧草は天気のいい日に天日干しして湿気を取り除くといいらしいけど、ペレットの場合はどうなんだろ?
風味も変わっちゃってそうだし何とも言えないな。

今度買う時は大袋はやめて小さい袋のを買うことにしよう…。



ラクガキついでにちょっとわたあめも描いてみたw

わたあめいらすと




にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ←ポチッとお願いします。

久々の体重測定

つくね&わたあめCM(4) TB(0)

yahooポイントが5000円分ほど貯まっていたので、yahooショッピングで扇風機を2台とキッチン秤を購入してみた。

一応、我が家にも1kgまで量れるキッチン秤はあった為、最初の頃はこの秤で体重測定してやっていたものの…そろそろ我が家のうさ達も大きくなって来て、さすがにもうこの秤で量るのは無理に。


そんな訳で、今回購入したのがこちら↓

Edel テーブルキッチンスケール MCZ-5216 <33057>Edel テーブルキッチンスケール MCZ-5216 <33057>
()
マクロス

商品詳細を見る


↑このリンク先はアマゾンなので、実際に購入したショップとは違うんやけど、もうちょっと探せば同じ商品が800円台くらいから購入可能です。

この値段で、こんなスッキリしたデザインなのに、g単位で3kgまで量れるんだよ。
元々がキッチン用だから風袋機能が付いていて、うさ達を入れるケース分の重量を差し引いて測れるのも助かる。

これはなかなかお買得だったかも?




…で、早速量ってみた。


つく0703

       つくね  1152g



わた0703

       わたあめ 1112g


…あれ?
最近つくねは換毛期で食欲が落ちてるのでちょっと痩せ気味だし、逆にわたあめの方は成長が著しいので、絶対にわたあめの方が重いだろうと思ったんだけどなー? 意外だ。

と言っても、10g単位の差異なんて、うん●出したらあっさり逆転しそうな範囲ですがww


まぁとりあえずいっぱい食べて、元気に育ってくれればそれでよし。

くず1

くず2


今日のおやつは、またまた近所の土手から採ってきた葛の葉でした。
マメ科ということもあってか、すごく食いつきが良かった。

葛の葉(ブログ20%)

葛は、夏になるとそこら中でよく見かける雑草のアレ。
タダで大量に手に入るのに、ビタミン、ミネラル、クロロフィルとか栄養たっぷりで、食欲減退気味のうさの栄養補給にちょうどいい。
(健康なうさにはあげすぎ注意だと思うけど)




うさぎ専門店では葉っぱだけではなく、乾燥させた葛の蔓を使ってリースを作っておもちゃなども販売してるみたいだ。

我が家のうさ達も、蔓も残さず綺麗に食べていたので、今度はもっとたくさん採って来て蔓で自家製リースを作ってあげてみようかな?



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ←ポチッとお願いします。

貞操の危機!

つくね&わたあめCM(4) TB(0)

いやぁ、今日も本当に暑いねぇ。
こんな日はうさぎ達が家でどんな風に過ごしてるのか気になって、仕事サボって昼休みにちょっと家に帰ろうか?…などと思ってしまう。

いや家には家族がいて、ちゃーんとうさ達の面倒はみててくれてるから何の心配ないんだけどねw

「どんだけ1日中うさぎの事ばっかり考えてんだよ!」って思わず自分にツッコミ入れたくなるような体たらく…。



ちゅ

ここ数日、つくねが絶賛換毛期中なせいで、我が家の網戸がエライ事になってます。

ベランダでブラッシングしてるせいかなぁ?
ちゃんと掃除してるんだけど、全然取り切れてないねぇ。
今まであまり毛の抜ける動物を室内で飼った事がないのでよくわからんのやけど、他の飼い主さん達はどんな風に飛び散る抜け毛の対策をしてるんだろうか?気になる。

ぷい


相変わらず我が家のうさ達は仲がいいんですが、最近わたあめが常につくねのケツを狙ってる状態なので、もう絶対に一緒には出してやれないです。

だってさー。
金網のパーテーションで仕切っておけば大丈夫だろう…って思ってたら、金網越しでもカクカクしようとしてるんやもん。

つくねの貞操大ピンチ!

本当は、7月2日につくねの避妊手術を予定してたんやけど、ちょうど換毛期で体力を消耗してるところなんで、ちょっと先延ばしにしようと思います。
出来ればもう少し涼しくなるまで待ってあげたい。その方が体も成長するし、リスクも少なくなるしね。…けど、わたあめがこんな調子だといつ事故が起きて妊娠してしまってもおかしくないしなぁ。

うーん。悩むところだ。

獣医さんと相談しつつ、出来るだけ良い方法を探していきたいと思う。



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ←ポチッとお願いします。

多頭飼いについて

つくね&わたあめCM(1) TB(0)

13064817_7716943_59large.jpg

我が家には、つくねとわたあめと言う2匹のうさ達がいる訳なんやけど、日本では一般的にうさぎの多頭飼いは奨励されてない。
だいたいどの飼育本やサイト、獣医師の意見などを見てもうさぎは1匹で飼うのが望ましいというのが定説。

なぜなら、うさぎはとても縄張り意識が強い動物であり、相性が合わない同士が一緒にいると一生お互いに相手を追い掛け回し、血みどろの喧嘩をするから。

そして、相性がいい場合は大抵が♂♀のペアであり、繁殖力の強いうさぎがツガイでいるということは無限に繁殖してしまう可能性があるということ。

他にもいろいろ理由があるんやけど、主にこの2点が一番大きな問題点。

けれど、欧米の情報サイトやうさぎ飼育本などはこれと真逆で
「うさぎは非常に繊細で淋しがりな生き物なので決して1匹では飼わないでください」
というような事が書かれてたりする。
「うさぎを1匹で飼う事は虐待に等しい。」とまで言い切ってるようなサイトまである。

うさぎは淋しいと死んでしまう。…なんて話もあるけれど、これは迷信かというと案外そうでもなくて、多頭飼いで仲良く一緒に暮らしていた仲間が急にいなくなってしまうと元気が無くなりエサを食べなくなったり、体調を崩して病気になってしまうケースがあることから来てるんじゃないだろうか?

この日本と欧米の考え方の違いはどこから来るのかと言うと、日本ではうさぎという生き物の生態に関する知識(特に多産であり、縄張り意識が強いという事に関して)が足りない人が多い事、去勢・避妊手術率が低い事、うさぎを診られる獣医が少ない事などが大きいらしい。

昔は屋外の飼育小屋での多頭飼いが一般的だった。
けど、コレは増えてしまっても「食べてしまえばいい」という発想もあっただろうし、劣悪な飼育環境だから子供を産んでも簡単に死んでしまう。という事情もあったんだろう。

けれど、現代の日本じゃペットとして飼育してるウサギを食べる事を考える人はほとんどいないだろうし、増えすぎてしまったウサギは結局どこかに遺棄される事になってしまう。
無責任な飼い主の態度で、そんな不幸なウサギたちを出さない為にも、やはり多頭飼いは奨励しない方がいい。というのが現代の日本の飼いうさぎ事情なんだと思う。


その辺の事情は、うさぎを飼い始めた時にいろいろ調べたし、わたあめを譲ってもらった元の飼い主さんのところの事情(ほんの一ヶ月の間に14匹の子うさぎが繁殖してしまって困っていた)も理解していたので、当初、つくねとわたあめは完全に分けて飼育する予定だった。

ケージを2階立てにして、外に出す時はそれぞれ別の部屋へ。

けれど、つくねが後から来たわたあめの匂いにすごく敏感に反応して、家中の至るところにマーキング行為をするようになり、わざわざ柵を飛び越え、わたあめの所に行って威嚇するようになった。
同時にヤキモチがひどくなって、すごく甘えるようになったんやけど、2匹の世話をする時は必ずつくねを優先するようにして、たっぷりとスキンシップを取るようにしてみたら、どうやらつくねの中で心の余裕のような物が産まれたようで、今ではわたあめの事を認め、お互いにいつも相手のことを気にしている関係になったようですw

13064817_7716947_220large.jpg

いい関係に落ち着いてくれたのはいいことなんやけど、今のところわたあめがまだ幼体で繁殖能力がないので自由にさせておけても、性成熟するのは時間の問題。

そして、ここ最近つくねがわたあめに対してカクカク…とマウンティングをするようになってきたので、それぞれの性別の再確認と健康診断、避妊&去勢手術の相談なんかを兼ねて、昨日近所の動物病院に診てもらいに行って来た。

ちなみに、メスでも自分が上下関係で上にあると思っていればマウンティングしたり、マーキング行為をする事はよくあるらしい。
特につくねは、ネザーランドドワーフ(野生種に近い品種)なので、本能が強く出るケースがあるんだそうだ。

結果は、2匹とも至って健康で、性別はやはりつくねが♀でわたあめが♂。

つくねは現在4ヶ月を過ぎたところなので、一応手術する事は可能なんやけど、あまり幼いと麻酔等のリスクがあるので、1ヶ月待って来月避妊手術を行うことにした。
メスの場合は、避妊手術を行うことによって子宮系の病気の予防も出来るしね。

わたあめの方も7ヶ月くらいになったら去勢手術を行う予定。

繁殖の問題だけをとれば、片方だけを手術すればそれで済むんやけど、オスも手術することによって性格が落ち着いて攻撃性が無くなり、結果的に2匹長く仲良く暮らす事が出来るからね。



そんなこんなで、我が家のうさ達は今日も2匹仲良く大量の有機肥料(うん●)を生産し続けてくれるのでした(笑)

13064817_7716961_134large.jpg

うさぎの糞って、市販の化成肥料と(窒素・リン酸・カリウム8:8:8)ほとんど成分が同じなんだよねw
形もコロコロしててあんま汚くないし、野菜にも花や観葉植物にも使えて理想的な肥料です。



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ←ポチッとお願いします

うちの仔たち

にほんブログ村 うさぎブログへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ にほんブログ村 うさぎブログ 子うさぎへ
にほんブログ村

「販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務事項の緩和の検討)」に反対します。
プロフィール



おーさん

Author:おーさん
うさぎ初心者のクセに、いきなり多頭飼いを始めたアホです。
けど、経験値の低さはがんばって愛情と情報収集でカバーするじぇ!
こんなバツイチ親父ですが、よろしく


うさ友さん募集中です。
リンクしたいさせたいって奇特な方は
是非ご一報ください。



趣味でクックパッドにレシピを投稿しています。
良かったら、「おーさかや」で検索してみてください。
クックパッド
うさめくり

Created with Admarket's flickrSLiDR.
MIXIユーザーの方、MIXIアプリ版「うさめくり」を配信しております。 是非使ってみてください。 MIXIアプリ・うさめくり
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うさブログさんリンク
リンク
Twitter
 
楽天でショッピング♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©うさまみれな日々. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。