うさまみれな日々

2匹のうさ達(つくね♀&わたあめ♂)と小学生の2人の子供達との生活。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.02.02    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

多頭飼いについて

つくね&わたあめ

13064817_7716943_59large.jpg

我が家には、つくねとわたあめと言う2匹のうさ達がいる訳なんやけど、日本では一般的にうさぎの多頭飼いは奨励されてない。
だいたいどの飼育本やサイト、獣医師の意見などを見てもうさぎは1匹で飼うのが望ましいというのが定説。

なぜなら、うさぎはとても縄張り意識が強い動物であり、相性が合わない同士が一緒にいると一生お互いに相手を追い掛け回し、血みどろの喧嘩をするから。

そして、相性がいい場合は大抵が♂♀のペアであり、繁殖力の強いうさぎがツガイでいるということは無限に繁殖してしまう可能性があるということ。

他にもいろいろ理由があるんやけど、主にこの2点が一番大きな問題点。

けれど、欧米の情報サイトやうさぎ飼育本などはこれと真逆で
「うさぎは非常に繊細で淋しがりな生き物なので決して1匹では飼わないでください」
というような事が書かれてたりする。
「うさぎを1匹で飼う事は虐待に等しい。」とまで言い切ってるようなサイトまである。

うさぎは淋しいと死んでしまう。…なんて話もあるけれど、これは迷信かというと案外そうでもなくて、多頭飼いで仲良く一緒に暮らしていた仲間が急にいなくなってしまうと元気が無くなりエサを食べなくなったり、体調を崩して病気になってしまうケースがあることから来てるんじゃないだろうか?

この日本と欧米の考え方の違いはどこから来るのかと言うと、日本ではうさぎという生き物の生態に関する知識(特に多産であり、縄張り意識が強いという事に関して)が足りない人が多い事、去勢・避妊手術率が低い事、うさぎを診られる獣医が少ない事などが大きいらしい。

昔は屋外の飼育小屋での多頭飼いが一般的だった。
けど、コレは増えてしまっても「食べてしまえばいい」という発想もあっただろうし、劣悪な飼育環境だから子供を産んでも簡単に死んでしまう。という事情もあったんだろう。

けれど、現代の日本じゃペットとして飼育してるウサギを食べる事を考える人はほとんどいないだろうし、増えすぎてしまったウサギは結局どこかに遺棄される事になってしまう。
無責任な飼い主の態度で、そんな不幸なウサギたちを出さない為にも、やはり多頭飼いは奨励しない方がいい。というのが現代の日本の飼いうさぎ事情なんだと思う。


その辺の事情は、うさぎを飼い始めた時にいろいろ調べたし、わたあめを譲ってもらった元の飼い主さんのところの事情(ほんの一ヶ月の間に14匹の子うさぎが繁殖してしまって困っていた)も理解していたので、当初、つくねとわたあめは完全に分けて飼育する予定だった。

ケージを2階立てにして、外に出す時はそれぞれ別の部屋へ。

けれど、つくねが後から来たわたあめの匂いにすごく敏感に反応して、家中の至るところにマーキング行為をするようになり、わざわざ柵を飛び越え、わたあめの所に行って威嚇するようになった。
同時にヤキモチがひどくなって、すごく甘えるようになったんやけど、2匹の世話をする時は必ずつくねを優先するようにして、たっぷりとスキンシップを取るようにしてみたら、どうやらつくねの中で心の余裕のような物が産まれたようで、今ではわたあめの事を認め、お互いにいつも相手のことを気にしている関係になったようですw

13064817_7716947_220large.jpg

いい関係に落ち着いてくれたのはいいことなんやけど、今のところわたあめがまだ幼体で繁殖能力がないので自由にさせておけても、性成熟するのは時間の問題。

そして、ここ最近つくねがわたあめに対してカクカク…とマウンティングをするようになってきたので、それぞれの性別の再確認と健康診断、避妊&去勢手術の相談なんかを兼ねて、昨日近所の動物病院に診てもらいに行って来た。

ちなみに、メスでも自分が上下関係で上にあると思っていればマウンティングしたり、マーキング行為をする事はよくあるらしい。
特につくねは、ネザーランドドワーフ(野生種に近い品種)なので、本能が強く出るケースがあるんだそうだ。

結果は、2匹とも至って健康で、性別はやはりつくねが♀でわたあめが♂。

つくねは現在4ヶ月を過ぎたところなので、一応手術する事は可能なんやけど、あまり幼いと麻酔等のリスクがあるので、1ヶ月待って来月避妊手術を行うことにした。
メスの場合は、避妊手術を行うことによって子宮系の病気の予防も出来るしね。

わたあめの方も7ヶ月くらいになったら去勢手術を行う予定。

繁殖の問題だけをとれば、片方だけを手術すればそれで済むんやけど、オスも手術することによって性格が落ち着いて攻撃性が無くなり、結果的に2匹長く仲良く暮らす事が出来るからね。



そんなこんなで、我が家のうさ達は今日も2匹仲良く大量の有機肥料(うん●)を生産し続けてくれるのでした(笑)

13064817_7716961_134large.jpg

うさぎの糞って、市販の化成肥料と(窒素・リン酸・カリウム8:8:8)ほとんど成分が同じなんだよねw
形もコロコロしててあんま汚くないし、野菜にも花や観葉植物にも使えて理想的な肥料です。



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ←ポチッとお願いします
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.02.02    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
うちの仔たち

にほんブログ村 うさぎブログへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ にほんブログ村 うさぎブログ 子うさぎへ
にほんブログ村

「販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務事項の緩和の検討)」に反対します。
プロフィール



おーさん

Author:おーさん
うさぎ初心者のクセに、いきなり多頭飼いを始めたアホです。
けど、経験値の低さはがんばって愛情と情報収集でカバーするじぇ!
こんなバツイチ親父ですが、よろしく


うさ友さん募集中です。
リンクしたいさせたいって奇特な方は
是非ご一報ください。



趣味でクックパッドにレシピを投稿しています。
良かったら、「おーさかや」で検索してみてください。
クックパッド
うさめくり

Created with Admarket's flickrSLiDR.
MIXIユーザーの方、MIXIアプリ版「うさめくり」を配信しております。 是非使ってみてください。 MIXIアプリ・うさめくり
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うさブログさんリンク
リンク
Twitter
 
楽天でショッピング♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©うさまみれな日々. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。